タイヤの組み換えをしよう|最適なサービスが登場

方法や知識を把握しよう

ウーマン

道具を揃えておく

自動車をお持ちの方も沢山いらっしゃるでしょう。自動車は長く乗れば乗るほど故障やトラブルが多くなってきます。ディーラーやカーショップで修理、メンテナンスを全て任せる方もいますが、万が一に備えてご自身でもタイヤの組み換えが行えるように知識を身に付けておくと良いでしょう。まずは、組み換えで必要な道具を揃えておきましょう。ジャッキ、レンチ、タイヤストッパーが主に必要になり、自動車に常備されている事が多いです。しかし、中古車などの場合は道具が無かったり、道具自体が劣化している可能性があります。時間に余裕のある時に一度道具のチェックをしておき、劣化している場合は購入しておきましょう。組み換えを始める際は必ずタイヤが平行になる場所で行います。外すタイヤの対角線にストッパーを置き、ジャッキを車体の下の切り込み部分にセットしましょう。少しだけ車体を浮かせた状態にして、ボルトを対角線で外していきましょう。車体を浮かせた時に、万が一ジャッキが外れた時の防止でタイヤを車体の下に設置しておきましょう。そして、同じように新しいタイヤを組み、対角線にボルトを締めていきます。この際に、力任せに硬く締めてしまう方もいますがボルトが壊れる可能性があるので、レンチが回らない程度でやめておきましょう。分からない、不安という方は整備工事などで一度依頼して、同時に組み替え方法を学んでおくのも良いでしょう。組み換え工賃はタイヤを持ち込んだ際に高くなるケースもあるので覚えておきましょう。